【閲覧注意】証拠画像 巨根になるには?【成長記録】

当ページの閲覧注意事項

当ページは管理人の成長結果の画像として、モザイクをしているものの、比較的形がわかりやすい成長結果の画像を添付しております。

したがいまして、閲覧に関しては「自己責任」でお願い致します。また、画像の写真の結果につきましては、あくまでも医療行為となります。理由は管理人が独自で医薬品の輸入、及び、服用を含めた行為となります。

また、このページでは管理人が服用した製品につきましては、殆どが医薬品となりますので、個人輸入や服用に付きまして自己責任でお願い致します。また、医薬品という性質上、誰にでも推奨してものではございません。

 

ご理解いただけた方のみ、続きを読むをお願いいたします。

続きを読む

巨根になるにはどうすればよいか。

“巨根になるには” というワード検索で、当ページへアクセスしていただけているようです。本当にありがとうございます。

上記の画像につきましては、管理人の努力の結晶で、まだまだ世の中の成功者と比べれば、可愛いペニスです。最近まで職を失ったりなどがあり、ペニス増大トレーニングから遠ざかってしまいましたが、これからは新しいドメインへ移行することもあり、頑張っていこうと思います。

さて、本題の”巨根になるため”に絶対必要な事

1つ目は続ける心と2つ目は誇大広告を信じないことです。

続ける心。

1つ目の「続ける心」

こちらは、スタートするところから、ずっと続ける心です。実はどんなに結果や過程を見ても、実践をする人は僅か2%ほどという話があります。この数字はどんなに中身が健全で、いろいろな保障をされている条件下であっても、実践する人は僅か2%という数字です。

つまり、当サイトを閲覧後に、巨根になるにはどうすればよいのか理解していても、実践をする人は100人中2人ということになります。これは非常にもったいないことです。実践しない理由はわかりませんが下記の3つだと思っています。

  • 巨根になりたいと思っていない。
  • 巨根になることを期待していない。
  • 巨根に憧れはあるものの実践しない。

おそらく、巨根に憧れるものの実践しない方がとても多いのでは無いかと思います。これは先程も書きましたが、どんな良い事でも、それが正しくても98%は見ているだけという事になります。言い換えると、実践するだけで上位2%です。

上位2%に入り込むのか、98%へ入り込むかは、このサイトを閲覧していただいているユーザー様次第になります。

誇大広告を信じない。

2つ目の「誇大広告を信じない」です。

こちらは、残念ながら過去の管理人です。過去にペニス増大系のサプリメントを買ったが「広告通りにペニスが増大しなかった」苦い経験があります。そのときに数万円も支払った挙げ句に全く増大していなかったパターンの方です。

「巨根になる方法などは存在せず、都市伝説である。」と間違えた情報を鵜呑みにしてしまった失敗の経験上から得た結論です。

残念ながら、ペニスを長くするには記事で説明したとおり、ペニスにはいろいろな器官が組み合わさっています。特に長さの増大は海綿体だけでなく、尿管などの器官も同じ長さ分の増大が必要になります。

どんなに成長ホルモン分泌が多い子供の成長期でも1週間で5cmも成長することはまずありえません。このことから、サプリメントなどでよく見る1週間で5cmアップなどは、無いものと思ってください。冷静に考えれば、1週間に5センチアップなどは、かなり難しい事です。

しかしながら、コンプレックスの克服が絡んでしまうと、冷静な判断を失い、より効果が高いと上手に宣伝した商品を信じてしまいがちになります。「飲むだけ」「勃起が止まらない」などという謳い文句は医薬品以外は基本無いものだと思ってください。医薬品であれ、効き目は個人差があります。

適切な環境で適切なトレーニングを行う。

ペニスのサイズには、大まかに2種類あります。長さ太さのサイズです。各々のアプローチに合わせた増大方法は、当サイトの記事を御覧ください。また、トレーニングには機器は絶対に必要だと管理人は考えております。特に長さに関しては、ゆるく長く牽引することが必要となります。

>>【重要】ペニスを長くするには、筋膜と牽引の方向を理解する。【牽引】

>>【重要】ペニスを太くするにはハイドロマックス【吸引】

>> ペニス増大機器一覧

>> ペニス増大グッズ一覧

上記をご覧いただければと思います。

最初に揃えたほうが良いグッズ。

続ける心のところで書いたとおり、ペニスを大きくするには トレーニング が必要になります。いわゆる”チントレ”です。いくつかのトレーニング方法を書いてあるサイトは数多くありますが、やはり機器を使ったトレーニングほど効果的なことはありません。もちろん、道具無しで増大できればこれ以上に嬉しいことはありません…。しかし、現実はそう甘くありません。

また、道具無しでできると謳っているサイトほど、良いことを書いてあるのに、最後には医薬品ではなくサプリメントをオススメしています。とても勿体ないです…。サプリメントにも良いものは、存在していましたが、今はもうありません。「シトルリン革命王」「アカガウクルア革命王」というサプリメント以外は殆どまともな含有量のないサプリメントでした。

まともなサプリメントが無くなった今、殆どのペニス増大サプリメントの足元にも及ばないサプリメントですので、管理人はペニス増大や精力増進を宣伝にしているサプリメントは基本的にオススメしません。騙されないようにしてください。

このことから、各々の成分をそれぞれ別途で購入したほうが良い状態です。摂取した良いサプリメント付きましては、今後記事を書いて行くつもりです。

最初に買うべきトレーニング機器。

前提として、真性包茎やカントン包茎ではないことを前提としています。もし、真性包茎やカントン包茎という方は、包茎を治療することが始めることになりますが、ここでは

何よりもペニスをトレーニングする機器が必要になります。絶対に最初に購入するべきトレーニング機器は「ハイドロマックスシリーズ」です。高いですがエクストリームシリーズを管理人はおすすめします。

理由は長さ増大よりも太さ増大のほうが効果が現れやすく、増大した結果を早く感じることができて、モチベーションが上がるからです。「長さの増大に時間がかかるのに長さから増大させないのはおかしい」と思われるかもしれません。

しかし、ペニス増大にはものすごく時間が掛かりますので、長さがアップする前にやめてしまう。ということが起こりうるため、巨根育成.comでは、ハイドロエクストリームを使ってペニス増大を体験した上で、長さ増大をするほうが望ましいと思っております。

もちろん、長さ増大も平行してトレーニングしていただけても、差し支えありません。

 

サプリメントはできれば4種類

 

シトルリン アルギニン グルタミン クレアチン
トレーニング前500mg
さらに就寝前 1000mg
運動前 2000mg
さらに就寝前 5000mg
就寝前 10g
肝疾患の方は服用NG!
就寝前 10g
お腹が緩くなる可能性。

 

ざっくりと、海外のペニス増大サイトで摂取がおすすめされている一日あたりの量と、服用タイミングを書いておきました。この4つはペニス増大に欠かせない栄養素になります。それぞれのサプリメントについて詳しい説明は、そのうち記事に書いて行きますのでよろしくお願いします。

亜鉛もできればキレート加工の国際特許の関係から “now foods” からの購入をオススメしますが、特に大容量が必要というわけでは無いため、国内販売の製品でも特に問題は無いと思います。

 

巨根になるには早いほうが有利。増大したその先には…。

煽るようなことを言いたくはありませんが、人間は今その時がもっとも若い時です。一秒一秒確実に歳を重ねて行きます。そして時間の経過につれて意思が遠のいていきますので、ペニス増大を本気で始めるのであれば、早いほうがベストです。

反対にすぐやらないと、効果が出にくくなり、せっかく高いお金を出して増大を目指すのに勿体ないです。今すぐ始めることを管理人はオススメしています。そんな管理人も、ペニス増大にどうしてこだわっているのか?というと、ペニスの大きさで彼女と別れてしまった経験があるからです。

まぁ…。ありきたりなヤツです。

正直に言ってしまえば、19cmになった今でも、もっと大きくなりたい…。という願望はありますし、女性は管理人のペニスで気持ちよくなってくれているのだろうか…と心配になります。正直セックスに対して恐怖を感じている部分もありますが、現在流行りの菌がある中でも、数人とは遊んでいるのは、セックスの時に「管理人のペニスが一番」と言ってくれるのが特に嬉しいです。

「リップサービスだろ?」と思うかもしれませんが、女性側から毎度お誘いをされるので、おそらく一番だと思ってくれているのだとおもいます。もちろんセックスについての勉強もしましたが、こちらについてはyoutubeにいくらでもテクニックの情報は転がっていますので、各自閲覧をお願いします。

 

 

長くなりましたが、管理人はペニス増大にお金を費やして、きちんとトレーニングをして本当によかったと思っています。いろいろな理由があり、当サイトへ迷い込まれた閲覧者様がどのように感じるのかはわかりませんが、巨根になるには98%側の何もしないを選んでは何も変わりません。

反対に、ポンプを購入すればそれだけで上位2%に入れます。あとは、毎日注意事項を守りトレーニングを実施していただければ、管理人のようにペニスは増大するはずです。

 

>>【重要】ペニスを長くするには、筋膜と牽引の方向を理解する。【牽引】

>>【重要】ペニスを太くするにはハイドロマックス【吸引】

>> ペニス増大機器一覧

オススメ医薬品(工事中)

コメント

    • 山 道
    • 2021年 12月 14日

    巨根育成.管理人様
    はじめましてで質問させていただきます、山 道です。

    ブログ読ませてもらっていますが管理人さん推奨品のアンドロペニスを使用中です。
    そこで教えて欲しいことがありまして、アンドロペニスを使用されていた時は勃起長+何cmで牽引していましたか?
    何cmの牽引の時に効果がではじめましたか。

    ぼくは現在 勃起長+3mmで牽引中で、翌週は勃起長+1cmのよていです。
    マニュアルを忠実に行いここまで1ヶ月半かかりました(管理人さんが推奨してるゆっくりと長くコツコツは出来ていると思います)
    3週間ぐらいの時は例えばオナニーでフル勃起させると、牽引のヘタリからか勃起長が少しだけ短めか
    フル勃起自体が困難な状態でとても不安でした
    朝立もまったくしなかったです。

    ですがここ3日程の変化が有りまして急に朝立ちと、牽引後のフル勃起させた時のヘタリがなくなり長さの方向に伸びてる感覚がやっとこでました
    僕の場合は適応期間が長くかかったのかなと自分なりに理解しています。

    まだまだこれからで最低6ヶ月は牽引トレーニングをしますので
    是非アドバイス等頂けたら幸いです

    よろしくお願い致します。

  1. 山 道さま

    コメントありがとうございます。
    現在、山道さまは3mm程とのことですが
    使い方としては勃起長-4cmから1週間毎に5mmずつ伸ばす。
    というのが正しい利用方法とされています。

    理由は、あまり強く牽引をすると、靭帯周りの筋肉が
    今度は縮むように働いてしまうため、かえってペニスが短くなる可能性があるようです。
    (どうやらマッサージの揉み返しに近い現象とのことです。)

    私は伸ばせるだけ伸ばしてました。

    余談ですが、医薬品の管理がきちんとできる方は
    DMSOといって、白膜を柔らかくする液体を
    ガラスマドラーをつかってペニス塗って
    乾いてから牽引を始めるそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。