スピロテロール (グレンブテロール)でダイエット詳しく解説。【医薬品】【非ステロイド】

スピロテロール は 本来は喘息の治療薬として用いられる”医薬品”です。取り扱いには十分にご注意ください。また、医薬品という性質上、誰にでもおすすめできる事ではなく、効果も個人差があります。

スピロテロール とは?

スピロテロール は冒頭でも書いた通り、もともとは喘息の治療薬として服用する医薬品になります。本来の効果としては気管支拡張です。

有効成分名は “グレンブテロール” 成分自体は日本でも承認されています。スピロテロールはジェネリック医薬品です。日本では “スピロペント” “トニール”という名前で取り扱いされています。

交感神経を刺激する為の医薬品として分類されています。第3世代のベーター刺激薬として用いられる医薬品です。

しかし、スピロテロールにはもう一つの驚くべき作用があると言われています。それは、筋力の増強作用があることです。そのため、近年ではダイエットや筋トレにスピロテロールを利用している人も非常に多いと言われています。

当サイトは、この筋力の増強作用にスポットを当てて詳しく解説して行きます。

約束事として、スピロテロールを服用した場合はランニング等の心臓に負担を掛ける”有酸素運動”は絶対にやめてください。

また、スピロテロールはドーピング規定引っかかります。アスリートで大会に出る方は服用しない様、お願いします。

スピロテロール 詳細

スピロテロールはジェネリック医薬品です。

有効成分

クレンブテロール塩酸塩。気管支周りの筋肉を刺激し筋肉を緩ませます。

効果

有効成分のクレンブテロールが気管にある筋肉を刺激し、気管を拡張します。体温も上昇することもあります。また、心拍数も上がり心動も大きく早くなります。その結果として代謝が上がり脂肪を燃焼させる効果も高いとされています。

心拍数や心動が早く上がる理由は有効成分のクレンブテロールが “アドレナリンβ2受容体”と言われるものを活発化させます。その結果、副交感神経作用が活性化した結果、そのような効果が現れます。

副作用

主な副作用 稀な副作用 危険な副作用
身体の震え
ソワソワする
眠れない
頭痛
腹痛
筋肉のつっぱり
痙攣
不整脈
心肥大

副作用の対策

不眠 睡眠前に服用をしない。
筋肉のつっぱり カリウム&タウリンを摂取
心肥大 有酸素運動は慎重に!

冒頭で有酸素運動を控えることと書いた理由は、副作用に心肥大があるためです、すでにスピロテロールで心拍数や心動が大きくなっている所に、さらに、有酸素運動を行うことで心臓に大変な負担がかかるからです。

作用時間と服用タイミング

8時間から10時間の長い作用時間です。服用回数は1日2回0.5錠ずつです。

しかし、寝る前に服用をしてしまうと身体が震え、さらにソワソワしてしまう事があるため、寝る前の服用は管理人としてはオススメしません。

管理人は1日1回1錠を飲んでました。

耐性について

スピロテロールはある程度長い時間摂取を続けてしまうと、耐性がついてしまいます。

耐性がつくと、本来、アドレナリンβ2受容体に作用する力がなくなり、十分な効果が得られなくなります。

最長でも2週間服用を続けたら2週間中止すると良いといわれています。

しかし、ケトチフェンという抗ヒスタミン剤と一緒に服用することで、耐性が付きにくくなり、改善されると言われています。

スピロテロール ケトチフェン
→画像クリックで購入する。

服用できない方

  • 尿路閉塞がある方。
  • アレルギーがある方。

併用注意の医薬品

  • アナボリックステロイド全般
  • アドレナリンなどのカテコールアミン剤
  • テオフィリンなどのキサチン誘導体薬
  • 利尿薬

併用するとカリウム値が低下してしまい、痙攣や筋肉の張りが出てしまいます。また薬の種類によっては動機や不整脈が発生しやすくなります。

スピロテロール は魔法のような効果?

YouTubeでは海外の投稿者がスピロテロールの使用前と使用後の写真を紹介している動画があります。

もちろん、飲むだけではここまでは到底不可能です。しかしながら、このようにYouTubeでまとめられるほど、様々な方がスピロテロールを服用してダイエットや筋肉をつけていることがわかります。

しかしながら、ここまで本気で取り組んでいる方は、ステロイドを使っているかもしれません。

ステロイドとスピロテロールは併用注意の組み合わせです。真似はおすすめしません。

なお、ステロイドについては簡単に下記ページで簡単に説明しています。

【重要】余計な脂肪を落としペニスを長くする。【巨根育成.com流ダイエット】

スピロテロール と リオサイトメル は、セットで用いられる

スピロテロールと調べると関連キーワード検索にて“スピロテロール リオサイトメル”と出てきます。

リオサイトメルは甲状腺ホルモンを促進させる為の医薬品です。甲状腺ホルモンを分泌し、新陳代謝の促進させるための医薬品です。

スピロテロールで筋肉増強を行い、リオサイトメルで新陳代謝アップのシナジー効果でより効率的にダイエットを行うために用いられれます。

詳しく解説したページは下記ページをご覧ください。

【医薬品】スピロテロール (グレンブテロール)について詳しく解説します。【ダイエット】

スピロテロール リオサイトメル
→画像クリックで購入する。

 

女性にもダイエットで服用できるとされている。

ダイエットに悩む女性に朗報です。スピロテロールや女性にもダイエットとして用いられています。

また、前項目のリオサイトメルと一緒に服用することで、女性でもシックスパックを作っている方もいらっしゃいます。なお、男性がシックスパックを作るよりも、女性が腹筋を割ることは遥かに難しいです。…当サイトに女性が来ることは無いと思いますが、一応情報として記述した理由は男性の利用でも同じ様な効果を見込めるからです。

食事制限はそれでもある程度は必要

魔法のようなスピロテロールでも、摂取カロリーを0にする薬ではありません…。思い出してほしいのですが、本来の役目は喘息の治療薬です。

少しは食事制限を私と一緒に頑張りましょう!

スピロテロールを服用すると食事制限の大敵である筋力低下(カタボリック)をほとんど起こさないと言われています。よって、通常のダイエットのように食事制限をしながらスピロテロールを服用することによって、非常に効率よくダイエットが出来ます。

また、アルコールは水分を一緒に出してしまいます。利尿剤に近い効果があると思われるので飲まないようが良いと思います。またアルコールは心臓に大きな負担がかかる為、やっぱりオススメは出来ません。

まとめ

  • スピロテロールはもともと喘息治療薬
  • 成分名はクレンブテロール
  • 筋力増強効果が注目されダイエット薬に
  • よってドーピング規定に引っかかる
  • 割と夢のような医薬品
  • アナボリックステロイドではない
  • よって少し安心
  • 多い副作用はソワソワの不眠
  • タウリンやカリウム不足に注意
  • 耐性対策で2週間飲んだら2週間休む
  • または、ケトチフェンと一緒に飲む
  • リオサイトメルとスタックによるシナジー効果
  • 女性でも利用されるほどすごい!
スピロテロール リオサイトメル ケトチフェン
→画像クリックで購入する。 →画像クリックで購入する。

【ダイエット】スピロテロールとリオサイトメルの組み合わせてペニスを長く!【ペニス増大】

【重要】余計な脂肪を落としペニスを長くする。【巨根育成.com流ダイエット】

【閲覧注意】証拠画像 巨根になるには?【成長記録】

ペニス増大グッズ一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。